NEM、XEM(暗号、仮想通貨)について – まとめ徹底的に調査

Xem Nem – 仮想通貨、暗号通貨

(主観で徹底調査)

MITOKIの管理人です。

現在、1NEM XEM = 約 $0.2

4ヶ月前1NEM XEM = $0.01

XEM、NEMの最小単位は下6桁まで

なんと20倍以上の高騰っぷりです。

Good Luck

検証段階で、なぜにそんなに価値が付くのか管理人には不明ですが

投資してみたい方は下記から、購入出来ます。

日本で一番仮想通貨という枠で利用者が多い仮想通貨取引所は

CoinCheck!

Nem Xemは、CoinCheckから購入出来ます。

↓ 下記リンクです。

Nem Xemの買い方はこちら

XEM NEMの場合は Zaifの方が多いかもしれません?!

それほど、期待出来る程の金融システムで有ることは間違いないということですか?!

下記のブログでも、億万長者が出ているという、な、なんと言う事ですか…

仮想通貨で億万長者続出??!

Wikiで調べた所、現在もシステムをテスト検証段階?!との事。

ここは、まだ漠然としています。

Ripple社 XRP ※ここでは割愛します。

となぜか相関しており、

XEMが下がるとXRPも下がり

XRPが上がるとNEMも上がるという…

XEM、NEM(仮想通貨)が気になり、徹底的に調査してみました。

下記からWiki

NEMは、2015年3月31日に公開された

P2P暗号化とブロックチェーンのプラットフォームです。

JAVAで書かれたC++版でNEMは、

(POI)アルゴリズム、

マルチシグネチャアカウント、

暗号化メッセージング、

Eigentrust ++評価システムなどのブロックチェーン技術に新機能を導入しました。

NEMのblockchainソフトウェアは、

Mijinと呼ばれる商用blockchainに使用されている

国内外の金融機関や民間企業によって検証されている段階です。

XEM、NEMの Wikipedia

Poi アルゴリズム

POIと聞いたら、C#のEXCELを使用する関数を思い浮かべますが、

違います!

Proof of Importance

ここからは、色々知識が必要な領域になってきます。

理解度の前提条件

・ビザンチン将軍問題

・P2P

・分散合意形成アルゴリズム (コンセンサスアルゴリズムの一つ)

・ビットコイン

・Proof of Work

・Proof of Stake

・ブロックチェーンの技術

・マルチシグネチャアカウント

・分散型台帳

・ビットコインのチェックポイント

Proof of Stakeとは – Qita

…ETC、覚える事が沢山ありますが、

Proof of Importance

NEM − マニュアル

この情報誌をだらだら読むのが疲れる人は上のリンクからどうぞ。

POIのアルゴリズムが非常に革新的な点で注目を集めています。

暗号通貨においてブロックが選ばれる順序を維持するための

「アルゴリズム」であるという点です。

これは、二重払いなどのことを考える際に重要になってきます。

二重払いは普通のお金では主に詐欺目的として起こることがありますが、

いくつかの暗号通貨ではこの二重支払いを防ぐためにブロックチェーンを使って、

取引の記録を実証しています。

ビットコインとかは、取引の記録を確実に実証していますよね。

今の1BTC = $2890です。1BTC 30万?

1BTC って、こ、こ、こ、高級な貴金属か何かですか?って感じですよね…

お金を持っている人だけが買うことが出来き、更に高値になってという事

のサイクルが起こっています。

ギリシャ、キプロスの金融危機、私の認識ではここらへんからビットコインの

価値が上がっていたという認識です。

上記の赤文字の盲点を突いたのがNEMです。

NEMの採用しているPOIは、持っているお金だけでなく、

取引をした額や、取引をした人も考慮に入れて報酬を与えています。

つまり…

NEMネットワークを積極的に使う人が、利益を得られる仕組みとなっています。

この仕組みが優れているのは、富の分配という点です。

NEMのネットワークに貢献した人は誰でも基軸通貨であるXEMを手に入れることができます。

これは、誰でも平等に機会を与えているのです。

主な目的は、「世間一般の人」にPowが出来てしまうという点でしょうか?

あ、わかりました!

だからNEMとXEMなんですね。

仮想通貨 – 中々に理解度が高難易度ですね。

この報酬制度を「ハーベスティング」を通じて行われます。

ハーベスティングとは

ノードがブロックを計算して、ブロックチェーンに追加するプロセスのことを言います。

このバーベスティングをするには、

Vested balance(権限の与えられた残高)が10,000XEMを超えている必要があります。

Vestingとは

まず最初にXEMを自分のアカウントに入金しても、1XEMもvestedされません。24時間後、残高の10%がvestedされます。さらに24時間後、vestedされていない残高の10%がvestedされます。XEMがウォレットに入っている間は、このサイクルが繰り返されます。取引をすると、vestedとunvestedの割合を変えずに、両方のコインが取引に使われます。

このvestの仕組みによって、信頼度を測ることができます。信頼度を高めるには、長い間コインを保持していたか、コインを多く保持している必要があるからです。例えば、100,000XEMを持っていたとしても24時間後のvested XEMは10,000XEMとなります。

一度十分なvestedコインを持ったら、ローカルハーベスティングか、委託バーベスティングで、マイニング(NEMではハーベスティング)することができます。

ローカルハーベスティングは設定が簡単ですが、委託ハーベスティングに比べて劣る点が多いです。

NEMを保有期間が、継続率が長ければ長いほど有利という事ですか?

恐るべしNEM XEM

NEM Project – Git

NemのGithubです、脆弱性を指摘したり突けれればですが

NEMプロジェクトからNEM、XEMの報酬を受け取れるかもしれません?

※ここは調べてませんのであしからず。

NEMと日本産ブロックチェーンMIJINMIについて

NEM  XEMとXRPの相関関係については、

共通点が富の再分配という所しかありません。

実際にありません。

Nemのハードフォーク完了の記事も下記に掲載しておきます。

HF完了コスタリカ土地購入OK!明かされるmijinインパクトに界隈

下記も、凄く分かりやすかったです。

有難うございます。

XEMとBTCやETHとの違いとは何か?