アレルギー予防の最前線

年金も貰えない可能性な若者、年金受給が70代?!

yahoo newsに載って、すぐに記事が削除されている記事を見てミキは驚愕したよ・ω・…

そんな将来が不安な私(ミキ)がアレルギー予防の最前線の情報をお届けするよ♪

高齢化社会が増える中、不安になる人も多いのではないでしょうか?

現代の日本人の20%、あるいはそれ以上の人が、何らかのアレルギー性疾患に悩まされており、まさに現代病の1つといえます。しかし、そのメカニズムなどについては意外と理解されていないようで、「アレルギーって何?」「どうして起こるの?」といった疑問の声も、よく聞かれます。

疾患名反応
Ⅰ型アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息、じんましん・アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アナフィラキシー即時型
Ⅱ型自己免疫性容血性貧血、血小板減少症、顆粒球減少症、新生児容血性黄疸即時型
Ⅲ型血清病、過敏性肺炎、ループス腎炎(慢性糸球体腎炎)、全身性エリテマトーデス即時型
Ⅳ型接触皮膚炎、結核の空洞形成、橋本病、ベーチェット病、臓器移植後の拒絶反応や移植片対宿主病(GVHD)、ツベルクリン反応遅延型

引用元 : https://goo.gl/Y1QB1a

どんな、アレルギーがあなたにはある?

政府が実施しているアレルギー予防事業

今日は、初めての投稿なのでここまで

また、情報かき集めて編集して答えを導き出すからコメントも沢山募集してますね♪

アレルギーは、予防と対策をすれば治る可能性もあるから諦めずに私も出来る限り情報の整理と予防対策を一緒に考えて行きます。

このコンテンツに貼ってある情報でも、治らない可能性もあるからorz

メンタルが落ちて免疫力が低下してアレルギーじゃないのに後発的なアレルギーになった人も私の回りにいるし、色々自分なりに友だちに話したり、食生活や運動を取り入れて治った方もいますよー;-)

インターネットの情報をうまく利用して、予防対策や事例をどんどん出していきましょう(´∀`∩)

この記事は更新する可能性がございます。予めご了承くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする