傘のリサイクル、シェアリングエコノミー – MITOKI-MEMO

※日本のビニール傘の大量破棄の問題を真剣に考えてみる

時間が無くてかなり雑です。
突っ込み所、満載ですが御愛嬌で。
■市場規模に計算は下記会社です。
市場規模は小さいが
160億円+75億円で235億円が日本の傘の市場規模と推定できる。
└捨てなくて良い傘を作るメーカー
■傘を必要とする国への寄付
■150グラム以下なのに、台風仕様! 丈夫な最軽量の折り畳み傘 3選
結局、所有が絶対条件
雨降った日で夕方ごろに家に帰る頃あいには必要がなく忘れて持って帰らない事って結構ありませんか?!
ここでもシェアリングエコノミーで何とかならないか考えてみました。

1.現在、日本でという過程

傘のシェアリングエコノミー案

日本人の全傘を回収-x傘法人へ送ってくれたら
1000円のキャッシュバックー本。
本人確認必要で送れる本数を限定。使えない傘を送ってきたらそのまま着払いで送り返す
※負債が大きくならないよう、需要の観点からも東京都内限定サービス、※
法人企業〈主にリアル店舗〉契約で設置
x傘法人は設置料金としてyを月額支払う※

1.問題点として傘を作るメーカーと流通のせき止め東京限定=>メーカーと流通者には売り上げの何パーか還元?!、うーん難しい…

2.メリット、設置箇所にスポンサー費を付けて広告費も回収出来る可能性も秘めてますか?!

3.回収した傘に対して安価で作れるIOTを設置するのは必須になってくると思います。何故ならリアル店舗に設置するメリットを享受出来ないと意味がない。

4.問題点として使わなくなった回収ボックスを設置しなければいけない

※所有者は、ブロックチェーンでガチガチに管理
泥棒が出たら民事、刑事で重い罰、100万以下の罰金
想像しただけで初期投資が多いなw 中長期で見るんだったらありだなー、
もしくはUBERとパートナーを組むとか!?

Copyright © 2017 Mitoki Memo All Rights Reserved.