カフェインと子供 – カフェイン摂取は14歳から推奨

今日はMIKIが、担当です。

結論から先に

子供のカフェインの摂取は14歳〜

なぜ?

体重により変わってきます。

成人(20歳以上)で

1時間以内にカフェインを6.5mg/体重1kg

3時間以内に17mg/1kg以上

平均値で急性の中毒症状が出る

ここで言う、中毒症状は下記

吐き気やおう吐、頭痛、不安感、
落ち着きがなくなる、緊張、焦燥感、
取り乱す、胃痛、胸痛、などの症状

と言う事は体重が45kgの場合、292mgの1時間の摂取で

急性中毒症状が出る可能性があるということになる

私の好きなTullY’sのカフェラテ

目安が、100mlに50mgのカフェイン

370mlなので、ざっくり計算で185mgのカフェイン含有量になります。

1時間に1本と半分飲めば急性中毒症状が出る可能性が御座います。

その他、目安として

  • コーヒー       180mg /  300ml (約一杯程
  • 紅茶             30mg  /  100ml
  • チョコレート 43mg  /  100g
  • ほうじ茶      12mg   /  100g
  • 烏龍茶.        12mg   /  100g
  • ジャスミン茶 9mg.  /.  100g

カフェインによる自律神経の乱れが発生

私でも、浅い睡眠だと思考が鈍ったり、

情報誌で何か書こうか迷ったりしちゃいます。

子供にとって睡眠とは発育に取って重要な事です。

また、記事に書いていきます。

一旦、ここまで

更新する可能性がありますので

あしからず