小麦粉アレルギー Part3 – アナフィラキシーの可能性と予防策

小麦粉による体の不調、理由は単純ではない

小麦粉アレルギーの主な原因に関して調査を続けております。

小麦粉アレルギー – Part1

小麦粉アレルギー – Part 2 グルテンについて

から調査、分析第3弾です。

世界の人々はグルテンの真実を知ろうとしない」。米ニューヨーク州のフリービルにあるコーネル大学の研究農場で、大学院生リサ・キシング・クーセクは冗談交じりに言うと、自らが発見した「真実」を語ってくれた。

先ごろ米ワシントン州立大パン研究所による調査についての記事を掲載したマザー・ジョーンズ誌は、近代小麦そのものより、近代の製パン方法がより重大な悪影響を及ぼしていると報じた。定期刊行物イーティング・ウェルも「グルテンフリー・ブームの解明」と題するサム・フロマーツ氏の記事を掲載

引用元 : 小麦粉による体の不調、理由は単純ではない

グルテンが人体に影響を及ぼす数値

今の科学では人体に及ぼす影響値を実数化するのは困難

グルテンが体内でどのように作用するのかを解明するのは困難です。

生育条件や品種がどのように作物の有害性に影響するのかを解明するのも難しい。

加工方法が及ぼす影響についてはさらなる研究が必要があります。

まずは、小麦粉を精製している方法を解明しないと行けません。

小麦と小麦粉は違いますからね!

5億8千万トンの小麦が世界中で生産されているが、品種や気候風土によって小麦の特性はさまざまである。それぞれの小麦が持つ特性をどう活かしておいしい食べ物にするか、その特性をより使いやすいものに改良するかは、人類が長年取り組んできたテーマであり、今後の大きな課題でもある。

小麦と小麦粉に係る基礎知識

製粉工場、製粉機、気候風土や品種による作物、食べ物だったりするので

今年の論文にも決定打になる情報はありません。

※ IOTとブロックチェーンとワトソン使えば課題解決出来るかもしれません。

└ここでは割愛します。

ずっと調べていると、下記の症状と似通っていることから

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー

FDEIA:Food-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis)

アスピリン薬剤・食物運動複合要因

アレルギー反応を起こす。

小麦の場合は

ω-グリアジン・高分子量グルテニン

が原因となっている報告がある。

この、紹介されている以外で小麦成分もあります。

小麦のタンパク質と小麦粉食品の特徴

起こす病態の認識が強くなりました。

アナフィラキシー

アナフィラキシーの症状はさまざまです。

もっとも多いのは、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」。次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの「呼吸器の症状」と、目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの「粘膜の症状」が多いです。そして腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、さらには、血圧低下など「循環器の症状」もみられます。これらの症状が複数の臓器にわたり全身性に急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴です。

特に、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」も1割程みられ、これはとても危険な状態です。

最近の見たり、聞いたりしており

女性が多くかかりやすいの事を着眼点としているので

化粧品や生活用品にも何か影響がないか調べてみました。

化粧品に「加水分解小麦末」のなかでも分子量の大きい「グルパール19S」という成分が原因となり、小麦アレルギーを誘発したのではという見解が示されております。いったんアレルギーが誘発されると、小麦を含む食品を摂取した際にもアレルギー反応が起こるようになり、治らない病気となる可能性も指摘されております。

消費者の側には「小麦は食べ物だから安全だ」という固定概念があったため、それがひるがえって「小麦成分はあぶない」との風評被害につながり、混乱を招いている様子もうかがえます。

化粧品における小麦アレルギー

 薬学博士である竹内久米司氏と稲津教久氏の著書「経皮毒」

農薬や食品添加物などの口から入る毒、「経口毒」と同様に

皮膚からも有害物質が体内に侵入する

「経皮毒」は「科学的な根拠がない」という意見に押され、

現在その実態があやふやにされています。

しかし多くの方々が、

シャンプー、リンス、ボディソープや洗濯洗剤、台所用洗剤、化粧品

変えたことによりアレルギー等の疾患が改善するという体験をしています。

日常的に少しずつ皮膚から体内に入り込む可能性

経皮毒 Wiki

化粧品、生活用品に小麦を含んだ物を使用している

可能性ありませんか?

化粧品、生活用品

(保湿クリーム、洗顔剤、ボディーソープ、シャンプー、ハンドソープ、ペットの餌、洗剤系)

気がつけば、知らぬ間にグルテンフリーな生活だよ

(※インターネットに書いて有ることは食べ物に関する事が多い)

言いつつも普段の生活行動から

少しずつ体内に取り入れられ、知らぬ間に小麦摂取が過剰となり

食べ物の小麦摂取は2次的な要因でアレルギーが起こる可能性も否定出来ません。

日常、生活用品も多様になった現代社会では

日常生活用品にも目を疑ってアレルギー改善してみては如何でしょうか?

現状の予防対策

小麦の成分の入った日常生活用品、化粧品を変えてみる、使用しない

原因食物を摂取しない、

原因食物を摂取した場合、日常用品からアナフィラキシー

が起こる可能性がございます。

小麦、ω-グリアジン・高分子量グルテニン等が原因で

アナフィラキシーの症状が確定的な場合、

約3時間以上運動をしないといったことが知られている。

※注意点、運動の強さは必ずしも激しいものでなくても起きることがあります。

運動をきっかけに細胞からヒスタミンが放出されることで

運動誘発性アナフィラキシー(複合性アレルギー)

が起きると考えられています。

※小麦粉アレルギー、グルテン、

調査してたらチアシードの事を認識したので

下記からどうぞ。こちらも食品の事になります。

チアシードに関して