“Lisk”という暗号通貨、仮想通貨 について

“Lisk”という暗号、仮想通貨について

Liskの買い方

Liskの買い方は、こちらから

↑↑↑

上記、界隈では評判の高い

仲介取引業者(CoinCheck)から

ご購入可能です。

現在、1Lisk LSK = 約 $3

4ヶ月前、1Lisk LSK = 約$0.03

100倍のリターン!

ちょ、ちょっと待った!

100倍って…

4ヶ月前、1万 = 100万円

4ヶ月前、100万 = 1億円

仮想通貨投資で億万長者が続出、

360人以上が億超え、

5億円超えが102人も

引用元 : ビットコイン研究所

その情報を事前に知っていたら…

それは、億万長者出ますよね

凄い!!

└管理人は…置いといて

ということで

下記からLiskの調査と分析に入りたいと思います。

Lisk 概要 – 

※更新される可能性ございますので参考程度に

Liskは、分散型ブロックチェーンアプリケーション

を提供するパブリックブロックチェーンプラットフォームです。

このブロックチェーンは2016年の初めに

Max Kordek氏と

Olivier Beddows氏によって

Cryptiからフォークされました。

lisk オフィシャル

Liskは、最初の流通を決定し、開発資金を調達するために、

ICO(Initial Coin Offering)

※超高速で資金調達できるIPO、

上場(株式公開)?!のようなモノ

└社会的信用はこれから付いてくるでしょう!

で始まるCryptiのフォークとして開始しました。

ICO580万ドル(約5億9千万円)を調達し、

当時は2番目に成功した暗号通貨集団であった

(その月の後半に、WAVESDAOがそれを上回る)。

2016年5月24日、Liskの主要なネットワークが稼働し、

主要取引所での取引が可能になりました。

取引が始まった直後、

LiskはBitcoinとの取引で2番目に人気のある暗号通貨となりました。

ブロックチェーンアプリケーション

Liskは、モジュール式の暗号のセキュリティとして

最初の(成功した)ものを目指しています。

アイデアは、すべてのブロックチェーンアプリケーションが

メインのブロックチェーンとは別の独自のサイドチェーンにあるということです。

これはビットコインなど、多くの暗号化通信が直面している問題、

スケーラビリティ問題に役立ちます。

サイドチェーンは、アプリケーションの所有者が選んだ

101のマスターノード」のグループによって保護され、

Liskネットワークと同じDPG(Delegated-proof-of-stake

コンセンサスメカニズム、アルゴリズムを使用して動作します。

Blockchain Appsは

バックエンドで

NodeJS / JavaScript、

フロントエンドで

CSS3 / HTML5 / JavaScript

を使って書かれています。

※その他、色々な言語ミドルウェア、Machine、Deep Lerning等々

のサブモジュールシステムは使用しているかと思いますが…

DPoSデザイン

LiskはもともとBitSharesによって

作成された

DPoS(Delegated Proof of Stake)

アルゴリズムを使用します。

どの情報が正規な情報なのか?!

それを区別する

Proof-of-stake(有権者の重要を投票によって決定される)のみ

トップ101デリゲートが

actively forging and securing

※”資産”、”価値”を保護することです。

Lisk DPoSは一連のラウンドを通じて機能します。

ラウンドは101個のブロックで構成されています。

101人のアクティブデリゲートは、

ラウンド内の1ブロックをランダムに割り当てられて生成されます。

フルサイクルラウンドには17分かかります。

選択されたデリゲートが割り当てられたブロックを偽造できない場合、

そのブロックのアクティビティはラウンドの次のブロックに移動します。

ブロックの生成時間

Liskネットワークは10秒間隔でブロックをforgingします。

デリゲートが割り当てられたブロックを適切に生成できない場合、

トランザクションはラウンドの次のブロックに移動し、

ブロックが10秒延長されます。

後続のブロックが失われるたびに、

トランザクションの処理および確認に10秒の遅延が生じます。

forging

Liskは、成功したブロックごとに

新しいLSKを生成するインフレ

forging報酬制度を利用しています。

1年目の間、forging報酬は

1ブロックにつき5LSKに設定されています。

3,000,000ブロック(〜1年)

forging報酬はすべて1LSK減り

5年後に1LSKで終了する。

鍛造報酬はブロックあたり1LSKで無期限にとどまります。

※LSKは、通貨単位の事

Forging Rewardsは、ネットワークの料金と同様、

すべてのアクティブな(上位101名)代表者に均等に配布されます。

上位101名の代表者とは?一体どんな組織、企業、人?なのでしょうか!?

気になります。

他の暗号通貨との区別

Liskは一般的にEthereumCryptiと比較されるので、

それらの違いに注意することが重要です。

Lisk VS Ethereum Infographic.jpg
Lisk VS Ethereum Infographic.jpg

Ethereumとの違い

LiskとEthereumは

どちらも同様のアイデアのための

プラットフォームを提供しようとしています。

分散アプリケーション(LiskはBlockchainアプリケーションと呼んでいます)

  • イーサリアムが現在使用しているLiskは、最終的に障害者団体が使用しているPOW(彼らはへの切り替えを計画して述べているPoSだそうです)。
  • アプリケーション言語:LiskはJavascriptを使用し、Ethereumは現在Solidityを使用しています。
  • アプリケーションの場所:Liskはサイドチェーンを使用していますが、Ethereumは現在メインチェーンに格納しています。
  • エラー処理:Liskでは、アプリケーションに問題がある場合はチェーンにのみ含まれますが、修正するにはハードフォークが必要です。Ethereumでは、アプリケーションはメインチェーン上の仮想マシンで実行されるため、エラーが発生するとトランザクション料金が浪費されるだけでなく、VMに(VMにバグがない限り)VMに格納されます。
  • アプリケーションVM:Ethereumアプリケーションは、Ethereum仮想マシン(EVM)で実行されます。LiskにはVMはありませんが、開発中です。

クリプティとの違い

Liskは一般にCryptiに比べて、フォーク元が同じであるためです。しかし、彼らは様々な違いがあります:

  • データベースがSQLiteからPostgreSQLに変更されました。
  • 完全にオープンソースであり、GitHub上で一般的な開発手順が行われています。
  • すべてのパスフレーズに適用されるBIP39
  • 開発は継続しており、Cryptiは止まっているようです。

パートナー

Liskは、MicrosoftのAzureクラウドコンピューティングプラットフォーム

とインフラストラクチャを使用して

Liskブロックチェーンアプリケーションを

開発、テスト、および展開することが

できるという意味で、

LiskをAzureブロックチェーンのサービス

BaaS)プログラムに統合するためにMicrosoftと提携しました。

 おさらい

Liskの買い方

Liskの買い方は、こちらから

↑↑↑

上記、界隈では評判の高い

仲介取引業者(CoinCheck)から

ご購入可能です。

Liskプラットフォーム側で

コントリビューターやforging

で参加したい方は、下記のLisk Githubから情報を追ってくださいませ。

Lisk Github

Githubから脆弱性やセキュリティにミスを指摘した

場合、ここでもやはりスカウトや有名になれる、社会的にも貢献出来る

道筋も有るかと思います。コントリビューターにも”価値”があるかと

私は考えます。

やはり、暗号通貨を理解するのは一筋縄では行きませんね。

もうちょっと噛み砕いて説明出来たら良いのですが

ある程度、前提の知識がないと説明するのも中々困難です。

どなたかLiskについてお詳しい方、いらっしゃいましたら

是非に教えて頂きたいと考えております。

コメント募集していますので、宜しくお願い致します。

スマートコントラクトとLiskについて調査が甘かったので

再度調査しようかと考えています。

Lisk Wikiの原文