舌のしびれや痛みの予防と対策

急に来た舌の痛みと痺れに絶望

現在、Mikiは「舌のしびれ」と夏風邪でカラダがボロボロです(泣

舌のしびれの対策、予防策を調査しておりますので調査結果を

書き綴って行きたいと思います。

Mikiは喉も風邪により

3連休は、ほとんど寝込んでいました。ようやく回復した風邪

なんですが、舌の痛みだけ今も続いてます。。。

ご飯が上手く食べにくくて2kg痩せてしまいましたorz

舌の痺れによる病気でどんな病気の種類があるか?調査しました。

書きすぎると長くなるので噛み砕いた症状

を説明していきます。

1.口腔カンジダ症

口腔カンジダ症 Wiki

口腔カンジダ症には

偽膜性カンジダ症萎縮性カンジダ症があるみたいです

偽膜性カンジダ症の症状が多いようです。

痛みはなし、口の中に頬、舌、唇に点状や線状、斑紋状の

白色の苔(コケ)のようなものが現れます。

コケの部分をガーゼで拭うようにすると剥がれ、

剥がれた後の箇所に発赤やびらんが見られます。放置すると口全体に広がります。

2.ドライマウス

口腔乾燥症 Wiki

口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう、英: Xerostomia)は、種々の原因によって唾液の分泌量が低下し口腔内が乾く、歯科疾患の一つ。ドライマウスとも呼ばれる。現在では自覚症状として口腔乾燥を訴えるすべてを広義のドライマウスとすることも多い。日本における罹患者は800万人程度と推定されている。

3.舌痛症

舌痛症

舌痛症(ぜっつうしょう、glossodynia)は、器質的な変化が認められないにもかかわらず、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気である。女性に多いが、歯科治療後に発症することが多い。舌に病変が認められないだけでなく、痛む部位が移動する、食事中は痛みが緩和されるなどの特徴から、「気のせい」にされることが少なくなく、適切な診断と治療がされていないケースが非常に多い。

4.亜鉛鉄ビタミンの欠乏

亜鉛 ビタミン不足

亜鉛、ビタミン不足から3. 舌痛症になる可能性もあるようです。

亜鉛不足で舌痛症になった方の7割以上が亜鉛を服用することによって治ったという調査結果もありますので、舌に違和感を感じたときにはできるだけ早く亜鉛を摂取したほうが良いと思います。

5.金属アレルギー

金属アレルギー

銀歯とか仮に入れてる歯や矯正のために入れている金属から発生する

場合が考えられます。

金属との接触部に起こる接触皮膚炎(部位によっては粘膜炎)が代表的である。金属イオンが血流によって全身に運ばれると全身性皮膚炎を起こすこともある。

6.口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群の約10%の人々が吐き気や胃の不調の経験がある。少数だが、おそらく5%未満の人々が、さらにひどい、深刻な全身アレルギー反応を引き起こす。それは喉の圧迫感、胸の圧迫感、呼吸困難、吐き気、嘔吐、下痢、または意識の喪失などの症状である。花粉の季節によって、症状は様々である。また、症状は果実のある品種に特有されることもある。たとえば、グラニースミスリンゴはふじりんごより口腔アレルギー症候群を多く引き起こす傾向がある。ナッツ類は、花粉に関連していないアレルギー反応を引き起こし、それは時に非常に深刻なものになる。細心の注意がナッツ類のアレルギー反応には必要とされる。

7.扁平苔癬(へんぺいたいせん)

扁平苔癬 Wiki

扁平苔癬は、粘膜が角化し、炎症を起こす慢性の粘膜疾患です。 口の中だけに限ったものを指す場合に、口腔扁平苔癬と呼びます。 口腔扁平苔癬は、まれにがん化することがあります。 口腔扁平苔癬では、口腔内の両方の粘膜(きょうねんまく)に見られることが多く、舌、口唇に、レース状の白斑ができ、周囲の粘膜に赤みをともないます。

Wikiではわかにくかったので

ヘルスケア大学 口腔扁平苔癬

から症状を引用しました。

8.白板症(はくばんしょう)

白板症 Wiki

表層の細胞はあたかも皮膚の上皮=表皮のように、高密度のケラチンが細胞内に蓄積し細胞核が消失する完全な角化=正角化する形での角化亢進、すなわち過正角化症を示す。しかし、粘膜の重層扁平上皮の性質を保ったままの、細胞核を失わない不完全な角化=錯角化をしながら、量的には角化亢進している状態、すなわち過錯角化症であることもある

こちらも症状を文章で書き捉えるのがWikiだと難しいので

リンクを開いて画像があるのでそちらを参照してね。

9.アフタ性口内炎

口内炎

アフタ性口内炎とは、一般的な口内炎になります。代表的な「アフタ性口内炎」は口内粘膜に直径5ミリ程度の灰白色斑(アフタ)をつくり痛みを伴い、悪化すると滲み出るように出血する。通常は一週間程度で自然に完治するが、複数箇所に口内炎が発症する重度のものでは痛みのあまり摂食不能になることもある。また、口の中が清潔でない場合は口内炎の発症時に口臭を伴うこともある。なお口内炎はヒトだけでなく、イヌやネコ等の動物にも発症する。

10.外傷、熱傷

舌の外傷

咬傷の場合
咀嚼時に誤って舌を咬んだり、てんかん発作などによって起こる挫創性損傷です。
出血は比較的多いが、圧迫や縫合で容易に止血することが多いようです。
しかし、慢性創では口腔細菌の感染をうけ、難治性の潰瘍を形成します。

褥創性潰瘍の場合
圧迫や、虫歯、不良補綴物の鋭縁などの持続的刺激によって生じる潰瘍で、外傷性潰瘍ともいいます。
原因になっている刺激物を確かめ、それを除去すれば1週間くらいで治癒します。
治癒しない場合は悪性疾患の存在を確認しなければなりません。

温熱的損傷の場合
多くは熱い飲食物を摂取した際に起こります。
発赤、水疱形成、上皮剥離を呈し、疼痛を伴います。

11.ヘルペス性歯肉口内炎

ヘルペス性歯肉口内炎

口やのどが痛がり、発熱が2~5日続きます。一般にかなり高熱がでます。
この病気の特徴は発熱後2~3日目から歯肉が腫れてくるため、最初はこの病気かどうかわからないので診断にとても気を遣うことです。
口の中に口内炎が多数出現し、歯ぐきが赤く腫れてきます。口の周りの皮膚に水泡ができることもあります。 歯磨きをすると出血します。痛みは5~7日、症状全体は7日から14日続き、治癒します。

12.ガルバニー電流

ガルバニック皮膚反応

銀歯による金属に電流が流れる

アルミホイルを噛むと凄い痛みがでますよね?

その影響により

口内炎が頻繁にできたり、舌に炎症を起こすことがあります。

症状は、こんな所でしょうか?

各々症状に対する予防対策等は、リンクを貼ってあるので

自分で確かめてみて対策をしていきましょう!

MIKIの舌の痺れ、痛みの症状と対策

4.亜鉛鉄ビタミンの欠乏

これかな?と推測して、対策中です。

亜鉛が含まれる食品、食べ物

カキ・レバー・ウナギ・カシューナッツ・たらこ・ホタテ・アーモンド・

高野豆腐・さんま・ささみ肉・アルファルファ

あんまり、意識して食べてなくて舌痛症になったケースと考えてます。

1週間程続くようなら病院へ行こうかと、今のところ軽微な痛みなので

生活に支障をきたす程の症状が出たら病院行きへ

亜鉛不足に陥ると

亜鉛の欠乏症 子供では 成長障害・鉄欠乏性貧血
大人では 皮膚炎・脱毛症・味覚障害・インポテンツ

亜鉛の過剰症は、通常ありません。 2g以上とると急性中毒をおこす

また、亜鉛はタンパク質をアミノ酸に分解する大切な酵素の材料でもあります。
また、亜鉛は体内でできる炭酸ガスを炭酸に換え、生体内を常に弱アルカリに保つのに必要な酵素の材料でもあります。

また、核酸(DNA)合成酵素やその他たくさんの酵素の材料で、細胞の修理や修復に欠くことができません。それゆえに僅かの不足が免疫力の低下を招き、逆に十分な量の亜鉛がとられれば免疫力は高まるのです。 毎日の不足を補うために良質なサプリメントを使うのも賢い方法のひとつです。

亜鉛の重要さを書いてくれている記事

上記のリンクを見ながら、舌の痺れ、痛みの自己治癒に専念してます。

だいぶ痛みも引いてきたのでそろそろ良くなりそう♪

皆さんも美味しくご飯が食べれるように健康には気をつけましょう♪