チアシード まとめとΩ3-脂肪酸

チアシード まとめ! – 概要と冒頭

Tokiです。小麦アレルギーのスピンオフな情報として

小麦粉アレルギー Part.3

を調査していた所「チアシード」が気になり色々調査しました。

私なりにチアシードをまとめたので紹介しようと思います。

感じた事はチアシードの種類。大手広告会社の策略なのでは?

と勘ぐってしまうのですが、それはさておき…まずは

wikipediaから掻い摘んでチアシードとは何か?を説明していきますね。

チアシード Wiki

チア(学名:Salvia hispanica)はシソ科アキギリ属の一年草で、メキシコ中南部からグアテマラが原産。 16世紀のメンドーサ絵文書には先コロンブス時代のアステカにおいて栽培されていた様子が残されており、トウモロコシと同じくらい重要な食用作物だったとも考えられている。 チアの種子はパラグアイ、ボリビア、アルゼンチン、メキシコ、グアテマラなどですりつぶしたりまたはそのままのかたちで食用とされている。

チアはその種子(チアシード)を穫るために商業的に栽培されている。チアシードは食用でき、Ω-3脂肪酸を豊富に含み、Α-リノレン酸を含む油脂が25 – 30%程度得られる。

チアの種子はだいたい小さな1mm程の楕円形で、茶、灰、黒、白などのまだら色をしている。種子は親水性で、水につけると多くてその質量の12倍も水分を吸収する。このとき粘液質のゲル状の物質に包まれるが、これがチアの入った飲み物に独特の食感を与える。

チアシードは旧来からメキシコやアメリカ南西部で消費されてきたが、今ではヨーロッパでも広く知られている。チアの商業的な栽培はメキシコ、ボリビア、アルゼンチン、エクアドル、ニカラグア、グアテマラ、オーストラリアなどで行われており、2008年現在オーストラリアが最大の生産国となっている。「チア」以外にもいくつかの商標で販売されているが、類似種のSalvia columbariaeは商業的に栽培されていない。

引用元 : チアシード Wiki

チアシードをWikipediaを読む限りだとチアという植物でシード

カタカナで書きましたが種。

チアシードはチアという植物で、その種を食品として

食べると健康に良いとされているようですね。

チアシードの効用を見ていきましょう♪

Tokiのかかりつけの先生に聞いて来たよ、今日!

Ω-3脂肪酸は、20年の研究の集大成!と仰っていました。

ここでは具体的な事は書きませんが、先生が書くと仰ってました。

チアシード以外にもビール酵母もおすすめされました、市販のDHAも◯

メンタルヘルスにはおすすめです。

このΩ-3脂肪酸の成分を過剰摂取、人の体質により

アレルギー(アナフィラキシー)反応を起こす原因は

考えられます。

ここは現在調査中です。

チアシード 効用、作用

Ω-3脂肪酸

この、チアシードには、オメガ – 3脂肪酸という成分が含まれているのですが、

このΩ-3脂肪酸がかなりの人間の人体に関してとても良いとされるようですね。

「Ω-3脂肪酸 厚生労働省」Google で検索すると

Ω-3脂肪酸 厚生労働省 PDF

上記のようなリンクが検索エンジンのトップに表示されております。

国も認めているΩ-3脂肪酸っていったい?

謎を解明していきましょう♪

健康と栄養学的観点

栄養学的に必須なω-3脂肪酸は、

情報誌では書ききれないのでリンクを

貼っておきますのでそちらからご確認ください。

α-リノレン酸(ALA)、

エイコサペンタエン酸(EPA)、

ドコサヘキサエン酸(DHA)である。

上記の 化学的な人体に必要な効能があるのがΩ3 脂肪酸

というのがTOKIの理解です。

※間違っていたらご指摘ください。

どんな病気が想定して予防を出来るか?

小腸切除や脳障害により経口摂取が行えない様な状態下で、

「鱗状皮膚炎」、「出血性皮膚炎」、「結節性皮膚炎」、「成長障害」等の欠乏症状が現れる事が報告されている。

DHAは精液や脳、網膜のリン脂質に含まれる脂肪酸の主要な成分である。

DHAの摂取は血中の中性脂肪(トリグリセライド)量を減少させ、

心臓病の危険を低減する。

また、DHAが不足すると脳内セロトニンの量が減少し、多動性障害を引き起こすという報告がある。

ADHDの患者にも有用とされています。

アルツハイマー型痴呆症やうつ病などの疾病に

対してもDHAの摂取は有効であるといわれている。

歳を追う毎にアルツハイマー型の痴呆症は進みます。

Ω3-脂肪酸の摂取によりこれら

(アルツハイマー、鱗状皮膚炎等々の炎症系、BMIの数値の(中性脂肪)の減少、ストレスの緩和)等々

の予防が出来ることがあります。

このΩ-3脂肪酸の成分を過剰摂取、人の体質により

アレルギー(アナフィラキシー)反応を起こす原因は考えられます。

チアシード まとめ

もはや、チアシードというより

Ω3-脂肪酸の話が多かったですが

チアシードの表記がある場合「Ω3-脂肪酸」の

(オメガ)-3とは、魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称

DHA、EPA、ALA[α-リレノン酸]の

含有量が多めなのを確認すること!

チアシード健康効果&上手な選び方と調理方法・食べ方

管理栄養士のチカさん