Ripple Solutionについて 私的メモ

Rippleの資料から抜粋して学習がてら補足メモ

※あくまで自分用の私的なメモのため、誤りがある可能性がございます。その際はご指摘下さい

Solution Overview

※Ripple社の顧客用の資料ですね。

└深く読んで見たのですが、銀行の方に(金融SIのシステム開発者と仕事したことがないのですが、フルスタック(マーケ、プレゼン、営業、システム上流〜下流工程まで一通りこなす)方は貴重な存在と言う印象です。※主観なのであしからズ)

説明や導入するのもかなり大変そうかと

そのためのRipple社が導入しますよ(次世代金融システムコンサルも担う?)

既存の銀行のシステムを稼働したままシステムをフル入れ替えとか不可能でしょう。

そのためのブリッジという位置づけですね。

既存の銀行のサブモジュール役割を担っている印象ですが、ILPを使用している所等

Internet of valueは「Ripple社」が実現してしまうんだろうなと、再度認識。

それと下記が一番重要な気がしてきました。主観なのであしからズm(__)m

国際送金の取り決め等の存在。各国で法が変わる。

「各国の法に基づいたデータの書き換え、適切な解を提示した上で送金するという」のがすごく重要な気がしております。

国際間送金の面倒な手続き、高コスト、各国の法の理解を全て把握しているシステムがない?!そこをリアルタイムで書き換えれるシステムというのが存在しないのか?。今は、Swiftが担っているのかな?私は疑問に思います。

※国際間送金のコンプライアンス(ここが本当に難しい問題)のブレイン(基幹)システムになる印象を受けました。

現状の決済ネットワーク

オープンネットワークの断片化されたシステム

※良い例えかどうかわかりませんが、ネットワークのダウンロードで言うとパケットが途中で途切れてしまい、データが完全に出来上がらない状態を指すような事。もうちょっと簡単に言うと不完全な状態。

現在の国際金融決済システムは、グローバルでもシステムでもありません。

複雑な決済ネットワーク全体を形成する一連の接続されたものとして定義されるシステム

(国際金融のシステム)は、今日の顧客の要望に応えるための効果的な相互接続性に欠けている現在のサイロ化された決済ネットワークについては説明していません。

サイロ化とはスタンドアローン、孤立化した状態の事を指します。

グローバル・リーチ

グローバル・リーチ: 世界的展開。インターネットを通じて、企業と、既存顧客および潜在顧客のアクセスを増加させるビジネスイニシアチブを指す

については、国境間の決済のコストが高すぎて多くの銀行、企業、消費者が現在のシステムから導入に対してネガティブな印象です。

欠点は、低速で限られた透明性(可視化出来ない)

高コスト – 現在のシステムは、で欠点がある “Global Payment Network” が現在の決済ネットワーク。


既存のネットワークの断片化

エンドユーザーの影響が顕著である。

主に、国境を越えた支払い( Cross Border Payment )に関与するすべての当事者にとってわずかな経験、体験となる。

取引当事者間の直接的な繋がりがなければ、トレーサビリティやタイミングなどの要因は、

トレーサビリティ = 流通。↑ 国境間の決済の流通のタイミング、為替等

銀行やビジネスからの国境間の決済の送受金はブラックボックスです。消費者も同様です。

あるネットワークから次のエンドポイントに渡される処理コストが高いため、

銀行のアドレス、アクセス可能な市場が制限され、サービス機能に影響を与えます。

ネットワーク全体での標準化の欠如は、データ転送などの機能に影響を及ぼします。

エンドユーザーがトランザクションで重要な情報を送信することは信頼できません。

その結果、企業や消費者は銀行からFinTechのプロバイダに、

既存のネットワークの断片化の影響により適切にニーズを満たすことが出来ません。


RippleNet

1つの接続されたグローバルペイメントネットワーク

RippleNetは、グローバルな支払いのための摩擦のない唯一の経験、サービスを提供します。

摩擦のない唯一の経験 = 色々メリットがあるのですが噛み砕いて言うと、手数料ほぼなしのサービス

RippleNetは、異種技術(例:各銀行では別々のシステムを使用しています)、

標準化されていない通信、および集中化されたネットワークではなく、

Rippleの分散型の金融技術を介して支払いを送受信する銀行の唯一のグローバルネットワークであり、リアルタイムのメッセージング(記帳)、取引および取引の決済を提供します。

RippleNetは、RippleとNetwork参加者の間の合意に基づいた分散型ネットワークです。

独自のコンセンサスアルゴリズム、主観では(合意者が、世界的に認知度の有る有名で信頼のおける組織(例えばAmazon、Paypal、Google等々)が合意者になる?)

これらはすべて同じ技術を使用し、一定の支払いルールと基準に従います。

RippleNetの銀行は堅牢な接続性から利益を得ており、

RippleNetを使用する銀行は、高度なセキュリティから利益を得ている

標準化された技術と豊富な深層学習されたビッグデータから必要な情報を提供します。

Rippleの分散型金融技術は、コストを削減することで今日のインフラストラクチャよりも優れています。

処理速度を向上させ、支払い手数料、タイミング、および情報配信にエンドツーエンドの可視性を提供します。

エンドツーエンドとは、「両端で」「端から端まで」という意味の英語表現。通信・ネットワークの分野で、通信を行う二者、あるいは、二者間を結ぶ経路全体を意味する。

RippleNet参加者

RippleNet参加者のエコシステムは、

ネットワークメンバー(銀行と支払いプロバイダ)

ネットワークユーザー(企業、消費者など)

2つの主要なグループに分類されます。

ネットワークメンバー:RippleNet参加の実現者

企業や消費者の支払いを処理しようとする銀行。

また、他の銀行への支払いを処理し流動性を提供する者もいる。

これらの銀行はRippleNetを活用して既存の顧客に対するサービスを強化し買収(M&A?)を促進する。

  • 銀行が流動性を供給し、支払額を増やすために支払いの機会を拡大しようとする支払業者。
  • サプライヤー、商人、従業員のグローバルな基盤に大量かつ低い価値の支払いを送金しようとするプラットフォーム企業。

グローバルサプライチェーン全体で大規模な支払いを望んでいる企業財務部門

グローバルサプライチェーン = ある製品が、原料の段階から消費者に至までの全過程のつながりのこと。国際的な供給網。

より多くの資本効率、可視性、コントロールが可能になります。

銀行と支払い業者

コマーシャル・バンキングの高いコストと効率性を克服するために、

コマーシャル・バンキング = 商業銀行、主に預金、貸出、為替(決済)業務を行う銀行のこと。

それらを処理するのではなく、むしろ”支払い”の一貫性を目指しています。

費用対効果の高い、リアルタイムで追跡可能なオプション

(分散記帳技術における、公開記帳)のために、銀行や支払いプロバイダからグローバルな支払いを送ることを求める消費者(一例:外国人労働者の母国への支援送金等々)。

xCurrent

異なる元帳とネットワーク間の価値移転のオープンで中立的なプロトコルに基づくAPIベースのメッセージングとトランザクション決済を提供するRippleのソフトウェア

※xCurrentが、Ripple社が掲げるIovの中核を担う?!

Rippleと各々の銀行

銀行支払いの状態:効率的なバッチインフラ

バッチ処理(バッチしょり)とは、コンピュータで1つの流れのプログラム群(ジョブ)を順次に実行すること。 あらかじめ定めた処理を一度に行うことを示すコンピュータ用語。

現在の法人および小売業を営む銀行取引の顧客のニーズは重要な進化を遂げました。

国境間の高額の支払いを送金する事も、銀行間ネットワークも、

新しい技術による金融ネットワーク(モバイルウォレットなどの決済)にも

リアルタイムで、必要なときに低コストでの国境間を超える送金能力が求められます。

現在のインフラストラクチャーの限界により、

銀行は支払いを一括して処理するために色々なシステムのステップと承認等々の処理にコストが高額、決済時間も長いです、顧客体験が貧弱になります。

このような事態が発生すると、膨大なコスト

(すべての参加者に年間$ 1.6T *(約170兆円)の費用がかかる)だけでなく、
現在の銀行顧客のニーズにも応えづらい状況下にある。

Ripple:効率的なインフラでオンデマンドな支払いを可能に。

オンデマンド = 需要に応じて、または必要になった時だけ、行うこと。※オンデマンド配信とかありますよね。

Rippleのソフトウェアは、リアルタイムの決済を可能にし、

取引の確実性を保証し、決済リスクを取り除くことにより、

財務決済に新しい効率をもたらしているオープンで中立的なプロトコルである

Inter ledger Protocol(ILP)を通じて、 Rippleのソフトウェアには、

 Ripple 総合まとめの Inter ledger protocol

すべての取引関係者間のデータに豊富なメッセージング(情報)も含まれており、

エンドユーザーにリアルタイムの支払いを提供します。


ソリューションコンポーネント

Messenger

メッセンジャーはAPIベースのメッセージングモジュールで、

APIベースのメッセージングモジュール = 汎用性の有るデータ群 ※ざっくりです

接続されたRippleNet銀行間の双方向通信を可能にします。
信託銀行のインスタンス(実データ)に接続するMessengerのKYCとリスクな情報、手数料、為替レート(該当する場合)、支払詳細、資金送金予定日を交換することができます。

KYCとは”Know Your Customer”の略の事で、和文に訳しますと”顧客確認”となります。

この情報をパッケージ化し、元の銀行に全体のコスト構造を提示し、トランザクションの総コストを前例のない視程で表示します。

情報が間違っているか不足している場合は、トランザクションを開始する前に取引先が検索され、ストレートスループロセシング(STP)率が大幅に向上します。

STP = 証券市場において発注・売買成立から決済に至るまでの過程を、人手を介さず電子的に行うことをいう。

送信者が取引を承認すると、MessengerはILPを使用して資金を決済し、取引関係のすべての当事者に通知します。

Messengerは、データの可視化によってかなりのコストカットが可能と言う事ですね。ざっくりです。

FX Ticker

FX Tickerは、xCurrentのコンポーネントであり、流動性プロバイダーが

FXレートをポストすることを可能にすることにより、元帳間の交換を容易にします。
このコンポーネントは、それが設定されている任意の対の元帳間の為替レートを提供します。

  さらに、設定された各ILP元帳のアカウント、通貨、認証資格情報を追跡します。

ILP元帳は取引中、ILP Ledgersの決済を調整し、外国間為替の見積もりの有効性を確認し、

総支払額を銀行から銀行に転送します。

バリデーター

検証ツールは、支払いの成功または失敗を暗号的に確認するコンポーネントです。

すべての決済リスクを除去し、決済の遅延を最小限に抑える方法で、

取引当事者の元帳全体の資金移動を調整します。

Validatorは、取引の成功または失敗に関する取引相手の唯一無二の情報源を提供します。

ILP元帳

ILP元帳は、各取引銀行の総勘定元帳の補助元帳です。

xCurrentのこのコンポーネントは、クレジットを追跡するために利用され、
借方及び流動性を含む。

ILP元帳は、取引当事者が資金を分割決済できなかった事を可能とし、何人の関係者が関わっていても、トランザクション全体が即座に実行可能とする。

原子的に解決する能力は、資金決済がミリ秒単位で行われるため、リアルタイムの支払いを送信する機能によって、新しい価値の低い価値を創出することができます。

さらに、支払プロセスが完全にまたは前払いで失敗するため、決済リスクが排除されます。

ILP元帳は、取引銀行に24時間365日、オンデマンドの可動性あり。

これらの機能を組み合わせることにより、銀行は、コストの低い、オンデマンドの国際決済の商品とサービスを提供しています。

主な利点

顧客獲得と顧客維持の強化

アシスト・チャネルと非アシスト・チャネルの両方で、

高速オンデマンドで、費用対効果は抜群で、

追跡可能なグローバルな支払いを特徴とする小売業

および法人顧客に新製品およびサービスを提供することにより、

既存の顧客を再参加させ、xCurrentの無償の支払いは、

オンラインの非銀行決済プロバイダからの仲介を緩和します。

このソリューションは、顧客獲得を推進するうえで重要な競争上の優位性と

プロモーションに値するものです。

運用コストの削減

xCurrentの双方向メッセージングにより、銀行は送信者、受信者、料金、料金、配送見積もり、および支払い状況に関する情報をより効率的に交換して、運用コストを削減することができます。
国際収支を処理する支払処理コストは、xCurrentのSTPレートを上げる機能によって大幅に削減されます。
SWIFT料金を免除します。

財務管理コストは、現地資本要件、流動性コスト、カウンターパーティーリスク、コンプライアンスコストを引き下げることで減少します。

調整コストは、xCurrentが瞬時に確認しリアルタイムで流動性を監視できるため、コストを削減されます。

RippleNetルールブックとガバナンス

RippleNetの価値は標準化された強力なテクノロジー、銀行のグローバルネットワーク
および支払いの提供者。

一貫した一連のルールと基準、業界リーダーの諮問委員会で構成されたガバナンス体制などがあります。

RippleNetに参加するには、メンバーとユーザーの両方がRippleと契約を結び、ルールブックに記載されているルールと基準に従ってください。これにより、適切な二国間協定が不要になります。

ルールブック

ルールブックの目的は、すべてのネットワーク参加者との最適な作業関係とエンドユーザーのシームレスなエクスペリエンスを保証する法的枠組みを作成することです。

ルールブックには、ネットワーク参加者の権利と義務、ビジネスおよび運用ルール、およびルールブックの変更プロセスに関する詳細情報が記載されています。

また、エンドツーエンドトランザクションに関する深い技術基準や、取引先間のサービスレベル契約を定義しています。本質的に、ルールブックは一貫性を作り出します。

RippleNet全体で、あらゆるトランザクションに確実な操作性と法律上の明快さを提供します。

RippleNet諮問委員会とガバナンス
諮詢 = 有識者または一定機関に、意見を求めること。諮詢(しじゅん)。「専門委員会に諮問する」

Rippleは、トランザクションバンキング、デジタルサービス、キャッシュマネジメントの業界リーダーを含む諮問委員会に積極的に相談します。

ルールブックに関して、諮問委員会は、ルールと基準が今日の銀行の正確なニーズと密接に関連していることを一貫して保証するガバナンスを提供していますとその顧客。

コンプライアンス

ソフトウェアプロバイダとしてのRipple
Rippleは、クライアントがリアルタイム支払いを容易にすることができる

ライセンスソフトウェアと統合サービスを提供します。

ソフトウェアと統合サービス(恐らくシステム、金融コンサル等々)

銀行のxCurrentの使用は、各国のルールに応じて、

規制当局の監督、承認、審査を行います。

xCurrentの規制上の扱いは、次のようないくつかの要素に依存します。
•サービスされているタイプのクライアント(ライセンスのタイプ、チャーターおよび指定を含む)
•統合国および地理的範囲(※陸続きの国境って沢山ありますよね)
•提供されたソフトウェアを通じて有効にされた活動の量と範囲
•提供されるソフトウェアへの依存度 (この依存度でシステム設計と再構築の値段が変わってきそうだな…とか)
•銀行または規制当局によって決定されたその他の要因
過去2年間で、Rippleは分散ネットワーク上のRipplexCurrentのエコシステム

 エコシステム=複数の企業によって構築された、製品やサービスを取り巻く共通の収益環境。具体的には、ある特定のスマートフォンを中心に、アプリケーションソフト、電子マネー、イヤホンや充電器などの関連製品が、つながりをもつ全企業に収益をもたらす環境を構築している例などが挙げられる。

における役割について教育するために、中央銀行や規制当局と世界中で従事してきました。ビジネス契約が形式化されるにつれて、Rippleは各銀行と協力して、統合に先立ちすべての関連する規制要件を満たしているかどうかを特定し支援します。

Data inightxCurrentを使用して送信されたデータは、

HTTPSを使用して安全に転送され、SSL暗号化によって保護されます。

さらに、RippleはOAuthとクライアントのSSL証明書認証の組み合わせを使用して接続とエンドポイントを保護します。

今後、システムのインテグレーション(統合)がさらに進み、金融システム、IOT機器、自立型機器等々が市場に投入されて行く過程でWEB、PCのアプリ、携帯のアプリ、AR、VR、MR等々からの操作が主流になっていく中でSSLが標準化される可能性が高いことが伺えます。

データは取引の一部である銀行にのみアクセス可能です。
静的な記録データ:支払いに関連するデータ銀行だけがアクセスできる、

これらの銀行は顧客データと取引記録を管理し、IT、サイバーセキュリティおよびデータ保護基準に従ってこの情報を保管します。

KYCとAMLコンプライアンスプロセス
AMLコンプライアンスプロセス = マネーロンダリング対策のプロセス

xCurrentを支払いに使用しても、銀行のコンプライアンス責任には影響しません。

これを認識して、Rippleの製品は、銀行の既存顧客のオンボーディング、デューデリジェンス、取引監視プログラムを補完するように設計されています。

オンボーディングとは、組織やサービスに新たに加入した人に手ほどきを行い、慣れさせること。
デューデリジェンス = 不動産投資やM&Aの際に、企業の資産価値を適正に評価する手続き。企業の収益性やリスクなどを総合的かつ詳細に調査してその価値を査定する。

xCurrentを使用する場合、

銀行の顧客のオンボーディングとお客様の顧客(KYC)の義務は変更されません。

銀行は、マネーロンダリング防止(AML)および

外国資産管理(OFAC、またはより広義には「制裁」)の法律および

規制の継続的な遵守に関する全責任を負う。

銀行は、既存の取引監視プログラム要件に従って

xCurrentを通じて行われる取引の継続的な監視も担当しています。

また、米国銀行は、米国寄付者法第312条に規定されている外国特派員の口座記録管理およびデューデリジェンス要件の遵守責任も負っています。

Rippleの使用すれば、銀行はこれらの義務を変更しなくても問題なくなる。

Rippleは、銀行顧客が他の関連規制を遵守するのを支援するためにソフトウェアを設計しました。

Messengerのメッセージング機能により、

銀行は米国ビザのルール要件を遵守することができます。

また、規制E前払い開示義務(ドッド・フランク法1073条)を支援するために、

ドッド・フランク法1073条

ドッド・フランク法1073条。日本語で説明されているのは上記が良かったかと

先取特権交渉能力を提供している。

オリジネーション(ローン)・バンクと信託銀行間の直接的な双方向メッセージングにより、

支払い、送付者および受取人に関する追加データを安全に転送することができます。

銀行のAML遵守義務と制裁措置の義務は変わらないが、

xCurrent取引のリアルタイム性を考慮して、制裁審査のタイミングを変更する必要がある。

Rippleソリューションを使って取引が行われるスピードを生かすために、銀行は制裁審査プロセスを強化して、銀行の顧客に安全、安心でスピード間のある取引が成立する。

この対価として、銀行の能力、スピード、コンプライアンスの方針は

機関別に依存している

手数料の事前開示

xCurrentは、銀行が取引を開始する前に、支払いの手数料およびFX費用を完全に明確にすることを可能とする。

この透明性により、銀行は、資金を送る前に、消費者に支払いを送金するための

総費用を正確に見積もることができます。

xCurrentの料金の総費用の見積もりは、現在の決済システムよりも大きな利点です。

現在では、送信前に総コストを把握することができません。
xCurrentは、支払いを送信する前にすべての手数料を事前に開示することができるだけでなく、顧客の経験を向上させるだけでなく、米国の法律を遵守することも可能にします。

セキュリティ

支払いデータの分離

xCurrentで支払いシステムを実装すると、

ILPを介して実行される財務取引の支払いデータと決済データの間に分離とセキュリティのレイヤーが提供されます。

バリデーターは、各機関が数学的に検証するために使用する暗号のケースだけを見ています。
支払いを実行するために必要な条件が満たされ、支払いデータは必要ありません。

これにより、2つのバンク間でデータを送信する必要がある回数が制限されます。

実際の支払いデータは暗号化され、2つの機関の間でのみ共有され、必要に応じてお互いに支払いを行います。

各銀行がアクセス可能な内部データベースには、以下のタイプの支払データが保管され、管理されます。

  • オリジネーターとベネフィアの識別子
  • オリジネーターおよびベネフィアに必要なPII / CIP情報
  • 請求書番号などの追加支払い情報
  • 追加のメタデータ

安全なコミュニケーション

銀行の内部システムはセキュアなHTTPS接続を介してxCurrentと通信し、

認証にはOAuth 2.0を使用します。

xCurrentのILPコンポーネントは、認証にCA証明書を使用して、お互いとMessengerとの安全な通信にHTTPSを使用します。

HTTPSは以下の目的でも使用されます。
対応するパートナー機関のMessengerインスタンス間の事前取引Messenger、Validator、ILP LedgerおよびFX Connector間の通信。

セキュリティに関しては理解不能でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする