年代別ハミガキ、歯磨きの仕方のすゝめ

今日はみきの番だよ(๑´ڡ`๑)

みんな、毎日ハミガキしてるぅ?

虫歯になったら痛くありませんこと?!!?

年代別のベストな歯磨きの仕方を徹底調査するよ

下記は、執筆中…
すみません、今日時間無くて夜にまた編集します…

夜遅すぎちゃったかな?!

は!寝てないよ、全然寝てない(๑´ڡ`๑)

わ、私は、お風呂でスマホ見ながら30分♪♪

高校生の時に一度、虫歯になって

ちょうど上の絵みたいになってしまって

大変だったんだから:-(

だから朝10分、昼5分, 夜20-30分

私流は

歯ブラシは、柔らか極細の市販で売ってるヘッドが小さいのを使用。

お磨き方は、わざと優しく歯を磨くのではなく、ほとんど中心を歯茎に柔らかく

当てていく全体になじませて「5分程度」、次は歯磨き粉つけて

力を抜いて、優しくさらさら歯を中心に磨いていく。

これってもしかしてあたしの家族だけ?!

ということで知識を磨き方を徹底紹介。

■0-16歳の歯磨き前の知識

年齢別ケア
0~1歳
乳歯がはえ揃う前
ほ乳瓶に砂糖を含んだ飲料や酸性度の強い飲料などを入れない。
歯がはえ始めたら(生後6ヵ月頃)、食事の後には湿らせたガーゼなどで
歯と歯肉をふいてあげるとよい。
お母さんに歯磨きをしてもらってから寝るという習慣をつける。
2~3歳
乳歯がはえ揃う頃
乳歯は、ほぼはえそろいます。
子ども自身で歯磨きを始めさせる。
但し、必ず親が仕上げ磨き(8歳頃まで)をすること。
歯間部は、フロスを使用すると良い。
よく咬むお菓子をたべさせてアゴと歯牙をきたえる。
市販のお菓子類、乳酸飲料や甘味飲料の与えすぎに注意。
シュガーレスのものを選んだり、手作りして砂糖は使わないようにする。
4~5歳
乳歯がはえ揃った後
歯磨き行動の習慣形成とフッ素入り歯磨き剤の使用(ずっと継続)。
おやつを食べる時間と場所を決める。
かかりつけの歯科医を見つける
フッ素の塗布
6~9歳
永久歯がはえ始める頃
<第一大臼歯(六歳臼歯)と上顎切歯の予防>
永久歯の奥歯で一番初めに生える第一大臼歯。
噛み合わせを決める大事な歯だが、虫歯にかかりやすいので特に注意。
正しいブラッシング法を教える。
学校などでのフッ素洗口シーラント(奥歯の溝を合成樹脂などで埋める方法)なども利用
9~11歳
永久歯に交換する頃
<上顎前歯の予防>
デンタルフロスの使い方を教える。
正しいブラッシング法とブラッシング圧を教える。
科学的な健康教育-歯垢の知識や間食など摂食行動の理解。
12~16歳
永久歯がはえ揃った後
<第二大臼歯の予防>
歯垢・歯石や歯周病の知識など、健康について理解させる。

1. 歯ブラシ選び

歯ブラシは大きすぎない2本指以内の太さで、毛先は平面、硬さが普通のものを選ぶ。
・毛先がギザギザのものは、2本目用の歯ブラシとしてはOKだけど、それ1本だけの使用はおすすめしない。
・通常の歯ブラシの他、ワンタフトブラシ(ポイントブラシ)という小さめの歯ブラシや、デンタルフロス・歯間ブラシを併用する。

・歯茎の炎症・歯周病(歯肉炎・歯周炎)などの場合は、柔らかい歯ブラシを使う。

2. 歯ブラシの持ち方

・基本は鉛筆握り。
・グー握りだと力が強く入りすぎるので避ける。
・歯ブラシを短く持つと、これも力が入り過ぎる原因になるので、若干長めに持つ。

3. 歯の磨き方

基本編
・歯磨き粉は少なめ、1回につき5mmくらい使う。
・一方向にぐるりと一周するように磨く。
・力は軽めで、歯ブラシの毛先が潰れない程度の力で磨く。毛先がグシャッと潰れるのは力入れすぎ。
・歯の噛み合わせ面、歯の表側(前面)、歯の裏側(後面)の三面それぞれを磨く。
・歯の表側より裏側のほうが磨き残しが多くなるので、裏側の磨き残しがないように。
・手の向きが変わる、歯の左右のカーブの箇所で磨き残しがないように注意する。
・奥歯は長めに磨く。

歯ブラシの当て方・動かし方
・歯と歯茎の境目を磨くように、歯ブラシの毛先を斜めに入れる。歯と歯茎の隙間にプラーク(歯垢)が付きやすいので、そこを磨くように意識する。
・歯1〜2本ずつ小さい範囲で、歯ブラシを左右に小刻みに動かして磨く。3〜4本以上の大きな幅で歯ブラシを動かすと、歯垢が落ちにくい。
・歯と歯の間は歯ブラシを上下に小刻みに動かして磨く。フロスや歯間ブラシを併用して磨く。

なんと、細かいこと……

綺麗に磨けそうだけど本当に長く続けられるのかな?

— 完了 —

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする